もうすぐ1年歯科医奮闘記


歯科医で頑張る日々の記録
by 7hhdrhy7l0
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク

連立維持に安堵=亀井氏辞任で各閣僚(時事通信)

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相が辞任したことについて、11日午前の閣議後の記者会見で、各閣僚からは「残念」との声が上がった。一方で、連立政権は維持されることに安堵(あんど)するコメントも相次いだ。
 原口一博総務相は、郵政改革法案の今国会成立が見送られたことに関し「断腸の思いだ」とした上で、「これまでの成果を一緒に見届けるという強い決意で、これからも連携したい」と述べ、国民新党と協調して次期臨時国会で早期成立を図る考えを示した。
 蓮舫行政刷新担当相は「閣内で一緒に仕事をさせてもらう矢先であったし、連立を組む力強いパートナーだったので、今回の結果は非常に残念」と語った。玄葉光一郎公務員制度改革担当相は、参院選への影響について「プラスマイナスの影響は、ほとんどないのではないか」との見方を示した。
 前原誠司国土交通相は「参院選後に仕切り直しをして、丁寧にやっていくことは結構なのではないか」と述べ、郵政法案の成立を先送りした民主党執行部の対応を支持した。
 中井洽国家公安委員長は「内閣に入った時、(席次が)右が亀井氏、左が福島瑞穂社民党党首だったが、2人とも辞めるということでいろんな思いがある」と強調。「連立に踏みとどまる決断をしてもらったことに感謝する」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕タレント、議員そして大臣へ 蓮舫氏
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
亀井氏は抗議の辞任=社民党首

位置ゲー コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
前副知事ら起訴内容認める=県町村会汚職で初公判―福岡地裁(時事通信)
「交代効果」で民主支持率上昇、自民に危機感(読売新聞)
あのSFやファンタジー小説はこんな環境で書かれた…著名作家たちの書斎いろいろ
「3年間新卒扱い」 公約で就活支援策 公明の参院選マニフェスト(産経新聞)
[PR]
by 7hhdrhy7l0 | 2010-06-11 19:41
警察職員、反則切符盗まれる=帰... >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧